HOME > お客様の声 >8. 身寄りのない方への対応 「成年後見人の申し立てを支援させていただいたケース」

お客様の声

8. 身寄りのない方への対応

「成年後見人の申し立てを支援させていただいたケース」

相談内容

独居で身寄りがない状態の方の相談

もともとは元気で、外出も問題なくしていたし、金銭の管理もできていたが、だんだん認知症状も進んできており、今まで出来ていたことができなくなってきた。そうなると身寄りのない方は次の行き先に困ることになるため、早い段階で行政担当者から直接連絡をいただく。

対応と結果

まず、年金収入が月に18万円程あり、財産として「持家」「2千万程の預貯金」があることから、財産管理の観点で成年後見人の申し立てができないかを提案。すると、区長申し立てで申請を進めることとなった。 結局、医師の鑑定の結果「後見人相当」となった。後見人が決定し、住所移転するまでの間は、高齢福祉課の担当者が責任を持って対応していただく約束で、住宅型有料老人ホームへの入居を進め、ご入居。あとの財産処分等について、弊社がご紹介した司法書士が成年後見人に就任していただくこととなり、一件落着となる。

お客様の声

まさか、こんな相談にも乗っていただけるとは思いませんでした。とにかく、対応が丁寧かつ迅速で、行政としては大変助かります。本当にありがとうございました。