HOME > お客様の声 >9. 有料老人ホームの住み替え 「入居しているホームのサービスに、どうしても納得がいかず、ご家族がやむなく住み替えを決断し、成功したケース」

お客様の声

9. 有料老人ホームの住み替え

「入居しているホームのサービスに、どうしても納得がいかず、ご家族がやむなく住み替えを決断し、成功したケース」

相談内容

88歳の女性 要介護2 キーパーソンは長男

一念発起して入居した有料老人ホーム。入居金1,000万円払って入居し、毎月22万円程を負担している。新しい生活が始まり、3年が経過した。しかし入居時から職員の接遇に不満を感じるようになった。せっかく入った施設なので我慢していたが、ますますエスカレート。どうしても納得できず、本人がしきりに「家に帰りたい」と言い出すようになった。 環境を変えないと本人の精神衛生上よくないと判断せざるを得ないが、同居はどうしてもできないため、悩んだ結果介護相談サポートセンターに相談する。

対応と結果

初回相談の際に、ご家族の了承をいただいた上で入居契約書と重要事項説明書をご持参いただき、中身を精査した。入居金の償却期間が5年で、未償却残額を計算したところ、約280万円あることが判明した。入居中の施設の入居一時金を負担するのに、マンションを売却して資金を捻出した経緯があり、追加で一時金を負担することは不可能だった。 そこで、試算した約280万円のうち、100万円程を手元に残すこととし、最大180万円を入居一時金に充当する計画を立て、施設を複数探すこととする。 結果、入居金120万円、月額はほぼ現状維持で収まる施設に決め、晴れて住み替えすることができた。

お客様の声

何件も施設を見学し、納得して入ったつもりでしたが、やはり入居してみないとわからないことがあるのですね。
面会にいくたびに、母の表情が暗くなっているのがわかりました。このまま入居を継続していたら、精神疾患になっていたかもしれません。悩みに悩みましたが、思い切ってセンターに相談してよかったです。おかげで、追加で入居金を負担することなく、現状のままで入れる施設に巡り合えました。
本当にありがとうございました。